マンションを売るなら査定は複数の場所で

マンションを売却することを考えているのであれば、複数の業者から査定を受けて物件の価値を知るところから始めましょう。
不動産会社が提示した金額というのは、不動産会社が買ってくれるわけではありませんから、その金額で売れるとは限りません。

査定額がいくらであっても最終的に売値を設定するのは売り主ですから、業者が提示した金額はいくらであってもこの金額で売りに出したいという金額があれば、その金額で売りに出すことは可能です。
しかし、相場からかけ離れた金額で売りに出せば売れ残ってしまう可能性は高いものですし、逆に相場よりも安いことを知らずに売りに出せば損をしてしまうことになります。

そのため、マンションを売却するのであれば一度専門家に査定をしてもらっていくらぐらいで、売ることができそうなのかということを確認する必要があるのですが、なぜ複数の不動産会社からみてもらう必要があるのかというと、不動産会社によっても提示してくる価格が大きく変わってくるためです。

不動産会社によって得意としている分野が異なってきますし、金額に関しても最低このぐらいの金額になるだろうという金額を提示してくるところもあれば、その逆に最大でこの位にはなりそうだという金額を提示してくる不動産会社がないとも限りません。
そうなると、金額というのは大きく開くことになりますから、安い金額を参考に売りに出してしまうと安値で売ってしまうことになり、逆に高値を参考にした場合売れ残ってしまうということが起こりやすいので比較をすることが大切なことになるのです。

Comments are closed.