最近の子供たちと自分の子供の時

 最近、頓に思うことがある。道を歩けば前方にいる光景に釘付けになってしまうことが多い。子供の足の長さである。冬間近ということもあって夏ほど顕著ではないが最近の子供の足の長さに驚きとうらやましさが隠し切れない。

変態と間違われないように、自分の足の短さにすごくコンプレックスがありただただすごく羨ましいだけの話なのだが、ほんの20年ほど前自分が子供時代はこんなに腰の位置高いな~!という子は数えるほどだった(同世代の方すみません)ほんの20年でこんなにも進化?に驚きである。関係のない話になるが、ケータイでさえ本の15年前はちっさくてまっすぐでそれが今ではスマホと呼び方まで変わってしまった。時代の流れの速さを噛みしめてみた。

Comments are closed.